* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
本当に体験した怖い話 後ろにいる
0
    一応、エギングランキングに参加しております。
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへにほんブログ村
    ↑をクリックして頂けると、非常に嬉しいです!


    『舞烏賊のココロ』のSOTONGさんのリクエストにより、怖い話を気まぐれに紹介していきます。
    ただ、文才が無いので怖さが伝わらないかもしれません(汗)

    今回紹介するのは、私が人生で初めてとなった心霊体験の話です。
    ちょっと長いですが、お付き合い下さいませ。


    『後ろにいる 


    今から約12年前
    私がまだ18歳だった頃

    バイク好きでレース好きだった私は、ホンダのNSR50というミッション原付バイクを購入し、大勢の走り屋仲間と共に、毎週の様に峠を攻めていました。

    夏のある日、仲間7〜8人で
    「鳥羽〜伊勢方面へナイトツーリングに行こう!(昼間は皮ツナギが暑い)」
    って話しになり、日没後に津を出発しました。

    ただ、はっきりとした目的地は決まってなかったので
    「とりあえず適当な道を通って、行き当たりばったりの浜辺で花火をしたら、海沿いを走れる道で帰ってこよう」
    みたいな、かなりアバウトなプランでした(笑)

    行き道は宮川の花火の日であった為に渋滞していましたが、その他は特に問題も無く、どこかの浜辺で花火を終えたのが夜中の12時過ぎだったのを覚えてます。


    その帰り道の事でした・・・


    海沿いの道を走って帰るという、当初の目的に適した道を探していた私達の視界に入ってきたのは、薄くボンヤリとしたオレンジ色の光の中に浮かび上がった、有料道路の入り口でした。

    その道は
    『パー○ロード』
    という伊勢志摩の特産品にちなんだ名前がつけられており、昼間は有料道路として営業していますが、夜間は閉鎖されている場所でした。
    (現在は無料通行可能となっています)

    ゲートの部分以外は真っ暗で、かなり不気味な雰囲気でしたが
    「なぁ、ここって昼間は海沿いの景色が綺麗な道やし、夜は閉鎖されとって誰も走ってないで、今ならタダで走れるんちゃうん?」
    みたいな事を、誰かが言いました。

    私も周りの仲間もその意見に賛成!って事で、料金所のゲートをくぐり抜け、想像では普通の高速道路の様に明るく照らされた道を終点まで走り、楽しいナイトツーリングの締めを飾る事が出来ると思い、暗闇の中へ走り出しました。


    しかし、想像と現実は全く違いました。

    夜間は閉鎖されている道路の為、街灯は路面を照らすには程遠い光量で、約50m間隔でポツンポツンと立っているだけ
    それ以外は何も無い、真っ暗闇の不気味な道でした。

    それでも暫く走っていると目が慣れてきたせいか、自然とペースが速くなった私が先頭に出てしまい、そのまま後続を少しずつ引き離してしまう感じになりました。

    仲間と少し離れた状態でカーブを3つ位過ぎた辺りだったか・・・

    「みんなおっせ〜なぁ〜、暗いけどめっちゃ走りやすいのに・・・」

    と思った瞬間!
    突然、後続からハイビームで煽られました。
    自分のミラーにライトが反射して眩しく、前方が見難くなったのですが、その時は冷静に

    「ハイビームにしやがって眩しいやん、煽って遊びたいんかぁ?」

    程度にしか思ってなかったのですが、今度はそのライトが急に消えたんです。

    「あ〜?今度はライト消して煽りたいんや、ツマンネ〜」


    でもその時、ある事に気が付いたんです。


    「アイツらのバイクでライト消せるスイッチ付いとる奴なんかおらんやん(汗)」
    (原付はライトのON/OFFスイッチはありません)

    それに気付くと同時に、仲間のバイクの音が聞こえ難くなるというか、周囲の音がとても小さくなっていきました。


    まるで、誰かに耳を塞がれている様な


    そんな違和感と共に、妙な気配を感じたのでミラーを見ると・・・





                                

                    続く

    にほんブログ村 釣りブログ エギングへにほんブログ村











    2009.09.03 Thursday * 12:26 | 怖い話 | comments(6) | trackbacks(0)
    Comment
    こんにちは〜

    テンプレ効果もあり
    かなり喉にきました〜

    結婚する前、パー○ロード通ったこと
    ありますよ♪
    でも全然憶えてませんね(笑)
    道が狭かったような記憶が・・・・




    mikiっち | 2009/09/03 1:49 PM
    喉にきたんですか?(笑)
    ひょっとしたら週末までに治るかもしれませんね〜

    九州在住なのにパー○ロードを通った事があるって・・・
    mikiっちさんって、一体どこの出身なんでしょうか?(汗)
    ゆき | 2009/09/03 4:56 PM
    長崎県出身ですよ^^

    ここだけの話・・・・・




    旦那と付き合い出した頃、通ったことが
    ありますよ
    名古屋で恋が芽生えたんです(爆)
    mikiっち | 2009/09/03 5:43 PM
    ひぇ〜!
    超遠距離恋愛じゃないですか!

    旦那さんが名古屋だったら、三重県の事も知ってるかもですね〜
    ゆき | 2009/09/03 8:05 PM
    ヒェ〜、
    ここまで読んだだけで、ゾクッってしてきました。

    明日、この続き読めないかもです・・・
    SOTONG | 2009/09/04 2:02 AM
    >>SOTONGさん

    あの・・・(汗)
    自分で読み返しましたが、全く怖くないですよ(涙)

    やっぱり、文章よりも話した方が怖いですね・・・
    ゆき | 2009/09/04 7:30 AM









    Trackback URL
    http://eging.sakanatsuri.net/trackback/1241330
    << シマノ鈴鹿ロードレース | main | 本当に体験した怖い話  後ろにいる >>