* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
本当に体験した怖い話  後ろにいる
0
    エギングランキングに参加しております。
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへにほんブログ村
    ↑をクリックして頂けると、やる気が出ます!






    『後ろにいる◆



    ,らの続き





    耳を塞がれている様な違和感と、妙な気配を感じたので何気無くミラーで後ろを見ました。





    でも、その時は周囲が真っ暗だったのでミラーには何も映らず、分かりませんでした。





    でも





    薄暗い電灯の下を通過した時







    『それ』は見えた。







    通過する電灯の光がミラーに映り込んだ時の、ほんの一瞬・・・








    自分の肩の後ろ、何か白っぽい物の存在。





    薄暗い光の中での一瞬の事でしたし、ミラーを直視していた訳ではないので、見間違いか目の錯覚だと思いました。

    次の電灯が近付いてきたので、通過する時にその光で再確認しました。




    今度は、はっきり見た。

    正確には「見てしまった」



    見間違いでも目の錯覚でもなかった。


    白っぽいというか、灰色に近い濃い霧の塊の様な『それ』は、右のミラーにはっきり映りました。

    大きさは全体がミラーの中に映りきらない程
    位置は私のバイクの後ろ・・・
    いや、私のすぐ後ろまるで背中に張り付いているかの様な距離で・・・




    輪郭はぼやけていましたが、無表情で目の部分が落ち込んだ人間の顔にしか見えませんでした。



    「俺の後ろになんかおる!」




    その存在を確認し、自分の状況を理解した瞬間、パニック状態になってしまい、頭の中にはスピードを上げて振り切る事しか思い浮かびませんでした。



    ヤバい・・・


    怖い・・・


    どうしよう・・・

    こんなんで事故ってあの世へ連れて行かれたくない!

    でも止まれやん!(涙)


    とにかく、冷静に、転けない様に
    速度は極力落とさない!ミラーは絶対に見ない!

    この時は、真っ暗な道が永遠に続くんじゃないかと思える程に長く感じました。

    無我夢中で走っていると、前方に明るくなった場所が見えてきました。


    「良かった・・・」


    それは別の入り口への分岐点でした。
    一番明るい場所にバイクを止め、恐る恐る後ろを振り返ってみました。


    何もいません


    「あれ何やったんや・・・」

    テレビとか雑誌の中での出来事だと思っていた事が、現実に自分が体験するとは夢にも思っていなかったので震えが止まらず、怖くて何度も後ろを確認しました。


    でも、バイクを停めて時間が経つと、少しづつ冷静を取り戻す時が出来たのですが、同時にある事に気付きました。




    仲間が誰も来ない(汗)

    そう、私がバイクを停めてから10分以上経っても、誰も追い付いて来ないのです。


    パニクって走ってる時に、道を間違えたか
    仲間も同じ物を見て、逆方向に逃げ戻って行ったか


    独りでそこにいるだけでもかなり不安でしたが、確かめに行ってまたあれが出てきたらどうしようと思うと、真っ暗な道を戻る勇気は出ず、自分一人で先に進む事も出来無ないまま時間だけが過ぎていきました。
    この当時はまだ携帯電話を持っておらず、誰かと連絡を取る事も出来なかったので、最悪の場合はここで夜明けを待って、明るくなってから1人で帰ろうと決めた頃、ようやく仲間が追い付いて来ました。


    私は対向車線側にいたのですが、みんなはなせが反対側の街灯の下に停まり、暫くこっちを見つめていました。

    そのうち、仲間の1人が私に手招きしたので近付いていくと
    「お〜!無事で良かったわ〜!あのな〜、お前に真面目な話があるんやけど、驚かずに聞いてくれるか〜?」

    私は内容を分かっていましたが、黙って聞きました。

    彼の話はこうでした。


    私がみんなから離れた前方を走っていたのを追走していて、見通しの悪いコーナーで私の姿が見えなくなったので、コーナーを立ち上がった後のストレートで追い付こうとしたが、その時点で私の後ろ姿はみんなから離れているのに、まるで闇に浮び上がっている様に白くぼんやりと光っていて、とても大きく見えたそうです。

    最初は、革ツナギの上に白いジャケットやトレーナーを羽織ったのが、走行風で靡いているのかと思ったらしいのですが、バイクで走りながら、わずか100m程の距離を走る間にそんな事が出来るなんて凄いなぁ〜とか思いながら近付いた所、私の後ろに大きな白い霧の塊の様な物が見えたので、排気ガスや霧に自分達のライトが反射しているのかと思っていたが、それが形を変えて私に覆い被さり始めたのを見て

    「これはヤバい!」
    と思い、ハイビームでパッシングしたり、横に並んで叫んだり、クラクションを鳴らして知らせようとしたのですが、それに私が気付かずにスピードを上げて走って行ってしまった。
    自分達ではとても追い付ける速度ではなく、無理をするとかえって危険と判断し、コーナーで私が転倒している場合や、道の真ん中で立ち止まっているのを想定して、慎重にここまで来た・・・と。

    あと、その場にいた全員が同じ事を言ったのが、白い霧の異変を確認して私に知らせようとした際、一定の距離からは反発する磁石みたいな感じで近付けず
    「これは幽霊が邪魔してる」
    って分かったらしいです。

    また、私に追い付いた時になぜ反対側に停まって、暫くこっちを見ていたのか?という質問には
    「お前にあいつが憑いてて、俺らに襲いかかってくるかもっていう怖さがあったから確認してたんやけど、大丈夫っぽかったで手招きした」
    だとさ・・・(汗)


    その後、全員で終点まで走り、コンビニで塩を買って体に振り掛け、解散しました。

    翌日、会社で同じくバイク好きで霊感のあるおじさんにこの話をした所、約1週間前に大型バイクの人が転倒した後で崖から転落し、亡くなっていたそうです。

    おじさんは
    「事故して一週間やろ、やっぱり家に帰りたくて乗ってきたんやわ、それにバイク好きやった人ならバイク乗って帰りたいやろし、自分を理解してくれると思ったんちゃうかな〜、せやけど、10人近い人間の中で西口君を選んだって事は、幽霊も『こいつなら安心して乗れる』って人を選んだって訳ちゃうか〜?」
    と言ってました。

    ・・・本当かなぁ・・・




    また、別れ際にみんなが心配していた『乗り移った』とかは無かったのですが、この出来事以降から、たまに『見えて』しまう様になり、後に色々な恐怖体験をする事になるのですが、その話はまたいつか・・・









    今、あなたは1人ですか?

    ディスプレイに映った自分の後ろ、見知らぬ誰かがいませんか?


    にほんブログ村 釣りブログ エギングへにほんブログ村
    2009.09.05 Saturday * 06:25 | 怖い話 | comments(9) | trackbacks(0)
    Comment
    こわ〜い(´ω`。)

    鳥肌たちました^^;
    変な汗まで^^;

    ほんとうに
    居るんですね 幽霊って。。
    パー○ライン 夜には絶対いきませんから・・(´Д`;)
    mikiっち | 2009/09/05 8:17 AM
    変な汁ですか?(笑)

    私は幽霊とかの存在は半信半疑でしたが、この体験をしてから
    「幽霊は絶対いる!」
    と断言出来る様になりました。

    確かに夜は通りたくありません(汗)
    ゆき | 2009/09/05 1:46 PM
    怖い体験をされましたね。

    何かこんな話を聞く度に夜釣りに行きづらくなるのですが、やめられません、ホゲリング(笑)

    でも、マジ、一人でのナイトエギングって偶に妙に寂し〜くなるときがあります。

    そんな時って、何かが私を霊界に誘っているんでしょうかブルブル
    SOTONG | 2009/09/05 5:43 PM
    お疲れ様です。
    イヤ〜!烏賊肌がたちました・・・( 一一)
    あの道路は・・・
    次回も楽しみにしています!
    尺レ係長 | 2009/09/05 7:23 PM
    あ・・・あかんやんか><

    これから熊野方面に夜中走る機会が増えるのに。。。

    私は気配を感じたら

    「お前!男か?女か?」

    と口に出して聞きます(笑
    こてつ | 2009/09/05 10:25 PM
    以前聞いた話やんね〜、
    二回目やけど鳥肌立つわ(汗)
    しかも今夜中1人でパソコン中・・・
    寝れやんや〜ん。・゚・(ノД`)・゚・。
    まゅたん。 | 2009/09/06 1:20 AM
    >>SOTONGさん
    夜釣りに行き易い様に、楽しい事を想像して下さいね(笑)

    1人で寂しくなったら、エロい事とかエロい事とかエロい事とか・・・(爆)


    >>尺レ係長さん
    同じ様な体験されたとか・・・(汗)

    次はいつになるか分かりませんが、気長にお待ち下さいませ(笑)


    >>こてつさん
    夜中に熊野方面?
    秋烏賊ですか?

    気配の主が女って分かったら
    「年齢は?3サイズは?」
    って聞いてみて下さいね(爆)


    >>まゅたんさん
    前に話したと思いますが、文章にするって難しいですね・・・(汗)

    夜更かしせずに寝て下さい(笑)
    寝れない時は子作りして下さい(爆)
    ゆき | 2009/09/06 10:49 PM
    毎度〜

    中高校生の頃は霊感体質やったけど、大人になったら、抜けました(爆)
    パールロード何回か、明るい時間に通ったけど、やっぱり林間道路??ぽいんで・・・

    霊感体質良い方向で役立ててくださいね!!
    ゆきさんに神、霊のご加護を!!
    テツ | 2009/09/07 12:09 AM
    >>テツさん
    霊感体質って事は、色々と見えたり聞こえたりしちゃった訳ですか?(汗)

    私は基本的に霊感体質ではなく『零感体質』なんですけど、役立て方ってのがあったら教えて頂きたいです!
    海の神とか烏賊の霊と交信して、毎回爆釣とか出来ませんかね(笑)
    ゆき | 2009/09/07 7:29 AM









    Trackback URL
    http://saruegi.jugem.jp/trackback/1245137
    << 本当に体験した怖い話 後ろにいる | main | 牛丼の王様 >>