* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
本当に体験した怖い話  深夜の歩行者と焼きそば
0
    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!
    にほんブログ村 釣りブログ エギングへにほんブログ村
    ↑をクリックすると、あなたも恐怖体験が出来る様になるかも・・・



    これは、今から7〜8年前の話です。


    その当時、私はまだ現場で交代勤務をしており、1週間交代で昼勤と夜勤を行っていました。
    ある日、夜勤を深夜2時に終えた私は、津関線という道路を通って、当時住んでいた白塚のアパートに帰る途中でした。
    深夜の田舎道ですので擦れ違う車もおらず、道沿いに24時間営業のガソリンスタンドやコンビニも無かった頃でしたので、当時は深夜になると本当に暗く、たまに国道デビューする前の暴走族に遭遇する以外は無人の道路でした。

    途中、道路が電車の線路と細い川の上を通る場所があるのですが、そこは少し急な登り坂になっていて、線路の上に掛かっている橋を坂道の頂点として、川のある方に向かって下り坂になっています。

    私の車が坂道を登り終えて、下りに差し掛かった時でした。

    ヘッドライトが前方の下り坂の途中、3〜40m先の川に掛かった橋の欄干付近から対向車線側に向かって歩く、膝から下の人間の足を照らし出しました。


    「うわっ!人がおる!」


    すぐにブレーキを踏みましたが、歩行者が歩いている位置と道を横断する速さ、自分の車の速度や距離からして、徐行程度まで速度を落とせば、停車までしなくても歩行者が渡り終えた頃に通過出来ると判断しました。

    「ビビったわ〜、夜中に何でこんなとこ歩いとるんや」

    周囲が真っ暗なので、ライトに照らし出された膝から下の部分しか見えませんでしたが、私は深夜に歩道も無い道を横断している人間がどういう奴なのか見てみたくなり、さらに減速して近付きながら目をこらしてみました。




    ・・・歩行者まで10m
    まだ膝から下しか見えませんが、裸足である事が分かりました。

    「え?裸足?ひょっとして痴呆老人の深夜徘徊かぁ〜?」

    万が一、そんな場合なら保護したり警察に連絡しないといけないと思い、ちゃんと確認しようとさらに減速しました。




    ・・・歩行者まで5m
    ここまで近付けば拡散したヘッドライトの光で容姿が確認出来ると思ったその時、ある事に気付きました・・・。







    「・・・膝から上・・・ありませんやん(汗)」






    そう、本来なら膝から上の胴体や頭があるはずの部分には何も無く、見える筈の無い向こう側の景色と、遠くの街の明かりが見えたんです。

    周囲が暗くて見えないんじゃなかった・・・(汗)

    驚きはしましたが、不思議と恐怖感は無かったので、そのままのゆっくりとした速度で車を進めました。
    そして、私の車が後ろを通過するのとほぼ同時に『膝から下だけの足』は道を渡り終え、そのまま対向車線側の橋の欄干に


    「すぅ〜っ・・・・」


    と、吸い込まれる様に消えて行きました。

    「うわぁ〜、はっきり見てしまったなぁ〜、これは帰って報告せなあかんわ!」

    って事で、急いで帰宅し、カミさん(元)に

    「今なぁ、幽霊見たで!幽霊!」

    と言うと

    「ふぅ〜ん、夜勤で疲れて幻覚見たんじゃないの〜?」

    全く驚く素振り無し・・・(汗)そして、

    「とりあえずご飯食べなよ」

    そう言って用意された夕飯は



    『超!極盛り焼きそば』



    直径40cm程の大皿に、麺と野菜が高さ30cm位の山になってます(滝汗)

    「・・・・お前、これって焼きそば何玉使ってあるんや・・・?」

    「ん〜とぉ、6玉かなぁ〜?安売りしとったし、夜勤で腹減っていっぱい食べると思ったからさ〜、ひょっとして足りんかった?白ご飯も食べる?」


    「・・・いえ、結構です」





    足だけの幽霊は、単なる序章に過ぎなかった・・・。




    本当の恐怖はここにあった。







    それは








    ありえない量の焼きそばを残さず食う事だった・・・(涙)


    にほんブログ村 釣りブログ エギングへにほんブログ村
    2009.10.14 Wednesday * 15:07 | 怖い話 | comments(2) | trackbacks(0)
    Comment
    足だけしかない人より

    元嫁が 6玉のやきそばを作って待ってる所に

    恐怖を感じました(笑)

    元嫁、ブログみてませんよね?(滝汗)

    mikiっち | 2009/10/14 4:26 PM
    確かに当時の私はかなり食う方でしたので、元ヨメとしては気を利かせたつもりだったんでしょうけど、何でも限度ってもんがありますからね・・・(汗)

    多分、てゆうか絶対に見てないと思います(笑)
    ゆき | 2009/10/14 9:23 PM









    Trackback URL
    http://saruegi.jugem.jp/trackback/1269900
    << 祝!ブログを始めて7ヶ月! | main | 病み上がりの空に・・・ >>