* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
『2012 DAIWAペアエギングパーティー in 三重』 参戦記
0
    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

    エギングランキングに参加しておりま〜す!

         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

    更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
    ハート





    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ





    2012年11月11日 午前4時。

    その男達は、三重県北牟婁郡紀北町の紀伊長島港に向かって車を走らせていた。



    その目的とは




    『2012 DAIWAペアエギングパーティー in 三重』




    昨年の雪辱(そんなもんあったかな?)を晴らす為、1年かけてネタに磨きをかけ、更に美味しくなりました(当社比)

    そして今年は、最高にして最凶・最狂・最恐のネタに、ボケとツッコミの絶妙なバランスを兼ね備えた変態コンビ



    みはやす/ゆき組での参戦を決定!



    ・・・っていうか、昨年も同じペアだった気がするのは気のせいです。







    EX AGS89M-S

    私に至っては、大会の前日にこんなものまで買っちゃってまぁ(爆)







    それでは、始まり始まり〜







    受付

    午前6時、受付開始。


    まだ日の出前の時間帯である上、天候も曇りの為、周囲は真っ暗。

    昼から天候が悪化するとの予報により、受付時間が11:00〜12:00に変更になるとのアナウンスが流れる。

    そんな中、各参加チームの選手達は受付が終了すると、思い思いのポイントに向かって車を走らせていく。


    みはやす/ゆき組は、先頭から6〜7番目という早い段階で受付を済ませると、淫サイトのアクセルをベタ踏みし、1300ccエンジン&モーターアシスト全開での最高時速60km/hで、尾鷲市某所へ向かった。


    これから約6時間にも及ぶ、スプリントレースさながらの耐久戦の幕は切って落とされた!


    これはまさに『6時間耐久エギング』

    名付けて『6耐』って事で(笑)





    まず1ヶ所目は、某漁港の外海に面したポイントでスタート。

    濁りも無く、ベイトの他に子イカの姿も多数見える上、眼前には潮目も入っている為、期待大!




    嵐の前の・・・

    残念ながら、曇天の為に恒例の朝日ショットは不発。

    朝日は撮影出来ませんでしたが、雲のコントラストが綺麗だったので撮影してみました。



    釣れますように・・・



    朝のうちは無風で雨も降っておらず、非常に釣り易い天気であった為、このまま大会終了まで天気がもってくれる事を期待したのですが、午前8時頃から急激に天候が崩れはじめ、正面からの爆風&大雨により、やむなく風裏になるポイントへ移動。

    ここは多少濁りが入っているものの、大量のベイトも見え、潮も動いているので条件的には悪くないと判断。


    みはやすさんは、潮の流れの比較的緩い岸沿いに並行して伸びるかけあがり付近に、潮の流れと風の強さに応じてノーマル〜23g程度のエギを使い分けてキャストし、探るレンジを変えながら、当て潮から引き潮に変化する中にエギをドリフトさせ、ラインの張りを調整しつつ、抵抗感の変化によってアタリを取る『M(みはやす)フォール』を駆使し、かけあがり沿いの回遊イカ狙い。

    私は、沖を流れる強い潮に必要以上にエギを流されない事と、爆風にラインを引っ張られてエギが浮き上がらない様、ボートエギング用の重量のあるエギを超ロングキャストし、陸っぱりティップランで沖の障害物周辺の居着き&外海からの回遊イカ狙い。


    個人で出場していない限り、同じ条件の下で対極的な釣りを展開する事は、何が正解で何が不正解であるとか、またその変化や状況判断をする上で、非常に有効な方法であると言えます。(多分ね)


    開始から1時間。

    風裏狙いで入ったこのポイントも、時間が経過するにしたがって風向きの変化と風雨の強まりによって釣りを成立させるには厳しい状況になりつつあった。



    そんな中



    ほんの僅かな時間でしたが、風が弱まったタイミングを見計らって、みはやすさんが風上方向にエギをキャスト。

    ライン処理を丁寧に行い、カウントでレンジを計る。

    シャクリ〜ステイ〜フォールという一連の動作の中、一度フッキングをした様に見えた後のフォールから、シャクリ上げた次のステイで、みはやすさんが大きく体を仰け反らせた!


    再び吹き荒れ始めた爆風の中、みはやすさんのニューロッド『エメラルダスAGS 83ML SHORE』が大きく弧を描く!


    ロッドの曲がり、締め込みのストローク、海中で吐き出している墨の量が、明らかに良型である事を確信させた。




    爆風でギャフが煽られ、なかなか掛ける事が出来ず焦ったが、何とかギャフ掛けに成功して上がってきたのは・・・






    三原イカ

    950g(釣り上げ直後にイカグリップにて計測)

    キャストもままならない様な悪天候の中、一瞬のチャンスを逃さず獲った価値ある一杯!


    アンタマジスゲーヨ・・・
    金玉筋毛無ぇよ・・・


    その後、2杯目を狙う気分的に余裕のあるみはやすさんと、とにかく1杯目を釣りたくて焦ってる私の努力も空しく、天候の悪化により早めに帰着する事と致しました。




    検量で計測して頂いたところ、重量は875g。

    1杯でこのウエイトなら、ひょっとしたらひょっとするかも・・・





    果たして結果は





    表彰式

    何と、3位で表彰台に上がる事が出来ました!


    でも、釣ってないのに表彰台に上がるって、何だかとっても恥ずかしいですね(笑)



    ちなみに、みはやすさんの釣り上げたアオリは、今大会で持ち込まれた中での最重量でしたので、もしこれがペアでなく個人出場の大会で、1杯の重量で争うルールだった場合、みはやすさんが優勝だったと考えると、2年連続ボウズだった私とは、来年からは組んで頂けなくなる可能性が・・・





    帰りは、墨澤組の方々と一冨士へ




    一冨士

    一冨士

    味噌五目SP

    味噌五目中華SP



    チャーシュートッピング

    こちらは、味噌五目中華SPのチャーシュートッピングです。



    牛肉しぐれまき

    一冨士に来た時は、隣の大黒屋の牛肉しぐれ巻きはテッパン!




    表彰状

    こちらが頂いた表彰状です。

    もちろん、実物はみはやすさんに所有して頂いてます。


    ちなみに、私の名前は『幸弘』じゃなくて『幸宏』ですので、ファンレターや怪文書を送る際は気を付けて下さいね(爆)




    副賞

    んで、これが今回頂いた副賞のバッカン。

    ピンクって、カワイイ系の私にピッタリの色ですが、何だか使うのが勿体無いです。


    とか言いながら、そのうちガンガン使ってそうな気がしますが





    尚、今回の大会を開催して下さった、株式会社グローブライド様ならびにスタッフ様。

    そして、参加された皆様。

    本当にお疲れ様でした!




    みはやす、改め、三原さん

    昨年に懲りず、今年もペアを組んで頂いた上、表彰台にまで上げて頂いて本当に感謝しています。

    これからも、楽しく面白く釣りをしていきましょう。


    1クールのレギュラーよりも、1回の伝説  by 江頭2:50


    そんな三原さんに、私からのささやかなプレゼント。

    釣り具じゃないですけどね



    『烏賊って』  作詞・作曲 西野かな?


    ねえ覚えてる? 君がくれた言葉
    「頭のてっぺん光ってる」
    もしあの時 君が釣らなかったら
    今の記事は書いていないかも

    どうしたの?アオリじゃないね
    クルクル回って
    一人じゃ出れない大会も
    二人なら出れるって言ったでしょ

    烏賊って 烏賊って
    釣れたりしないんだね
    アタリ取ってごらんよ
    私は 私は
    根掛かりだけど今は
    餌木猿を回収したいから
    ここにいるよ

    沖で掛けた私の烏賊は
    まだ遠過ぎて見えないけど

    それってコンブじゃない?と
    教えてくれた
    君がイジるから負けたくない
    日頃の恩を忘れてるでしょ

    烏賊って 烏賊って
    私には釣れないんだね
    検量に持ち込んでごらんよ
    私は 私は
    ボウズだけど今は
    景品がほしいから
    ここにいるよ




    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ




    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    2012.11.17 Saturday * 02:07 | 釣行記 | comments(4) | trackbacks(0)
    Comment
    お疲れさまでした。
    表彰式終了後に声をかけさせていただいた伊賀者です。
    持つべきものは優秀なペアですね(笑)
    私は118gでしたので、結果表見ると20位圏外でしたわ…(ToT)
    伊賀者 | 2012/11/17 9:45 AM
    伊賀者さん

    お疲れ様でした〜!
    もっとゆっくりお話ししたかったですね(*^。^*)

    確かに、ペアが優秀だと私みたいに自分が釣らなくても表彰台に上がれます(笑)
    ゆき | 2012/11/17 4:25 PM
    「北風がバイキングを作ったッ」ですね!
    相方さんに、深仙波紋疾走で生命エネルギィを全て託したと。
    これはシマカッツー周辺ですかね?
    自分も最近、陸エギで3位でしたよ(もちろん自力で笑)
    SQM猿の壱号ホロ超釣れる♪
    ラーメン屋、アウトロウすぎですね笑
    歌は2回鼻水を吹いてしまいました。
    今週末は、えぬてっくで「てっぷらん」してきます。
    ★aba☆ | 2012/11/26 8:05 PM
    ★aba☆さん

    さすがディオ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
    そこにシビれる!あこがれるゥ!

    ・・・ってな感じですね(意味不明)

    『烏賊って』で、2回も鼻水吹いたんですか?
    鼻水が勿体無いですよ(笑)

    えぬてっくで「てっぷらん」とは羨ましいです。
    釣果報告期待してます!




    ゆき | 2012/11/27 12:15 AM









    Trackback URL
    http://saruegi.jugem.jp/trackback/1326106
    << ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート! | main | 2012 なばなの里 ウインターイルミネーション 冬華の競演 >>