* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
オーシャンフォール
0
    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

    エギングランキングに参加しておりま〜す!

         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

    更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
    ハート


    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ






    フィッシングショーOSAKAのクレイジーオーシャンブースにて展示され、家邊さんと吉村さんのSフォールエギングトークショーでも登場していた。


    『オーシャンフォール』


    ついに、クレイジーオーシャンのホームページに詳細がUPされましたね〜( ´艸`)





    ↑クリックして頂けると、オーシャンフォールのページへジャンプします。


    今まで、木製エギの代表格である餌木猿をメインに使用していた私としては、非常に気になるエギ。

    木製エギは、木の持つ特性(欠点?)である、使用する部位によって比重やバランスが不均一である事を逆に利用し、シャクった時に不規則な動き(イレギュラーダート)を誘発する事を狙いとしていますが、木製エギが釣れるのは、もう一つ大切な要素があると思っています。


    それは



    『水押し』


    『水絡み』や『波動』という表現を用いる事もあり、木製トップウォータープラグの特徴説明などで、その言葉を耳にした事のある方も多いのではないでしょうか?


    樹脂やプラスチックには無い、浮力というもの。
    浮力だけなら、硬質発泡ウレタンにもありますが、木の様な比重はありません。

    浮力と比重という、相反する特性を兼ね備えた『木』という材料を使用したルアーは、なぜか大型が釣れると言われています。

    もうすぐ、春のデカイカシーズン到来!


    オーシャンフォールで、自己記録更新したいなぁ〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:






    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
    2013.02.09 Saturday * 00:51 | タックル | comments(0) | trackbacks(0)
    Comment









    Trackback URL
    http://saruegi.jugem.jp/trackback/1326115
    << オーシャンソード S FallShore 83 | main | みはやすの航跡 2013 vol.1 >>