* Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
* Profile
* Selected Entries
* Recent Comments
* Categories
* Archives
* Links
* Others
* スポンサーサイト



三重の猿エギンガー

三重県を中心に活動している変態エギンガーです。
エギング大好き!美味い物大好き!
クレイジーオーシャンのモニターをさせて頂いております。
クレイジーオーシャンと34のコラボ?
0
    ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます!感謝

    エギングランキングに参加しておりま〜す!

         にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

    更新頻度とヤル気向上の為、↑↑↑をクリックして頂けると嬉しいです!
    ハート


    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ









    先週の金曜日。


    平凡なサラリーマンアングラーの私は、週末にどこへ釣りに行くか決めかねていた。

    なぜなら、当初釣行を予定していた志摩方面の水温が、あの!伝説の!



    『モアイ顔くにゆき』



    が、御座ミニボートセンターへ釣りに行くと決めた瞬間、伊勢湾からの冷水流出により一気に4℃以上も低下したから・・・





    0308

    志摩の片田に至っては、前日に14℃以上をキープしていた水温が9.8℃まで低下。

    こりゃ〜、引田天功もビックリのイリュージョンだわ・・・(;´Д`)ノ



    そこで、モアイ顔くにゆきの呪いから少しでも遠くへ逃れるべく、行き先を尾鷲〜熊野方面へ修正!

    ポイント選択に至っては『尾鷲の鬼』こと、墨澤組のハクちゃんと相談し、貴重な情報とアドバイスを頂く。

    しかも、朝マヅメにはクレイジーオーシャンの開発スタッフであり、34のアドバイザーでもあるmasaさんと合流させて頂く事にもなったのだ。



    う〜ん、何だか凄く楽しい釣行になりそうな予感がするゾ (ΦwΦ)キラーン!!



    22時に自宅をデッパツして、伊勢道〜紀勢道〜国道42号を爆走して南へ下る。


    ちなみに、巷で噂になっている

    『紀勢道 みんなで声出せ 奇声道』

    っていう都市伝説みたいな諺。



    多分、そんなものはありませんが・・・



    とりあえず(゚∀゚)ヒャッハー!!

    奇声を(゚∀゚)ヒャッハー!!

    発しながら(゚∀゚)ヒャッハー!!

    淫サイトを(゚∀゚)ヒャッハー!!

    走らせる事(゚∀゚)ヒャッハー!!

    約2時間(゚∀゚)ヒャッハー!!



    第一チェックポイント到着。

    【潮色】 白濁り(強)
    【水温】 12℃
    【潮流】 左から右へ、ゆっくり

    名古屋から来られていたヤエン師ご夫婦、アタリ無し。
    当然ながら、エギにもワームにも反応無し。

    約1時間経過後、移動。




    ここで、直線距離にして約20km離れた北のポイントにいるmasaさんから、1杯上げたとの情報が入る。

    潮色も、多少は良いみたい。



    北上するか、南下するか・・・

    とりあえず、更に南下した次のポイントの状況を見て判断しよう。



    第二チェックポイント到着。

    【潮色】 白濁り(中)
    【水温】 11℃
    【潮流】 ほとんど無し。

    先行者、無し。
    生命反応、無し。

    バイオ粒子反応、無し!



    これ以上南下しても、状況が良くない可能性が高いと判断し、北へ向けて移動。

    北上する途中、もう1ヶ所だけ気になるポイントがあった為、寄り道。



    ここも、ハクちゃんお勧めのポイント。

    私自身は、過去に1〜2回しか来た事がありませんが、ある『特定の条件』の時は海全体の活性が上がるという、有名なポイント。


    潮色も、濁りは入っているものの、先程まで回っていたポイントよりも随分良い。

    外灯の周りには、アジングの方が5〜6人。
    暫く見ていると、20cm前後のアジをコンスタントに釣り上げられていた為、アジングに変更。




    ・・・しかし、釣れない。




    アタリはあるが、ワームのテールだけ咥えている感じで、フッキングさせる事が出来ない。

    ジグヘッドを軽くしても、ワームのカラーを変えても、シルエットを小さくしても、結果は同じ。



    一体、何が違うのか・・・?



    あまりにも気になった為、10m程隣で連続して釣っておられた方にお話を伺った所、違いは自分は持っていないワームのカラーという事と、リグの『曳き方』でした。

    ベースカラーが同じワームは持っていたものの、ラメの有無だけで、こんなにも食い込み方が違うなんてぇ〜o(TωT )

    こういう時って、ジグヘッドの軸に付けるアシストフックを追加したり、リアフックの付いてるプラグの方が釣れる様な気がするのは、素人考えなんでしょうか?


    そうやって、食い込みが浅いバイトのアジを、いかにして食わせようかと四苦八苦していると、突然。




    「・・・ゆきさん、ですよね?」




    全体のシルエット程度しか確認出来ない様な暗さの中、背後から見知らぬ男性に声を掛けられた。


    猿 「だッ、誰ですかいきなりッッッ! け、け、け、警察を呼びますよォッッッ!!」 (((゜д゜;)))


    男 「いえ、警察呼んでも人相からして職質受けるのはアンタだよぅ」 (`∀´)ケケケ


    猿 「・・・あ、そっか!じゃあ警察呼ぶのやめますぅ〜」 (^▽^;)



    声を掛けてきた男性は・・・・



    何と!もっと離れたポイントにいる筈のmasaさんでした! マササン(゚∀゚)キタ━━━!!!

    しかも、隣には34スタッフのhideさんまでいらっしゃいました! ヒデサン(゚∀゚)キタ━━━!!!


    私からの「何でこんな暗闇で解ったのか?」という質問に対しては




    「ん〜、全体の雰囲気です!」(b^-゜)




    ・・・って、私って一体どんな生き物なんすか?(-"-;A


    ここでは、masaさん、hideさんの他に、アングさん、T1号さん、Piroさんとお会いする事が出来ました。

    しかも、アジが釣れずに苦戦している私からのお願いにより、masaさんにアジングセミナーまで開催して頂き、感謝感謝!



    皆さん揃った所で、本命ポイント方面へ移動!

    移動途中に立ち寄った場所で、masaさんからオーシャンフォールを貸して頂き、シャクリ感の確認をしていると

    微妙な違和感が・・・






    ドン!!!






    獲物

    こんなん出ましたけど?






    集合写真

    masaさん、hideさん、piroさん、私の4人で記念撮影。


    そして、ここから更に移動。

    ようやく辿り着いた本命ポイントは、今まで立ち寄った場所とは比べ物にならない位に潮色がクリアなのに加え、ホンダワラが繁茂し、ベイトも多数!

    それにしても、同じ県内の海でピンスポットだけこんなにも違うなんて、マジでヤバいす・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)




    Xデーにデカイカが爆発するのは、ここが一番可能性高いかも( ´艸`)




    その後、masaさんとhideさんとのダベリングタイムに突入し、あんな事やこんな事や、本当に色々と勉強になるお話しを伺う事が出来ました。



    コンビニでアイス食って、お別れしてからは





    一冨士

    お決まりの『一冨士』でランチ。

    小猿は定番の中華そば。

    私はカレーうどん。



    こてつさん、ごちそうさまでした!

    美味かったです!ヾ(@^▽^@)ノ





    さぁて、気になる本日の釣果(お土産)は、





    大黒屋

    一冨士の隣にある『大黒屋』の、牛肉しぐれ巻き寿司。





    以上!(爆)





    masaさん、hideさん、piroさん。

    長時間の釣行、お疲れ様でした!

    本当に楽しかったです!

    そして

    今後共、宜しくお願い申し上げます!








    アメブロアメブロ版 『三重の猿エギンガー』アメブロ



    にほんブログ村 釣りブログ エギングへ


    2013.03.16 Saturday * 08:42 | 釣行記 | comments(0) | trackbacks(0)
    Comment









    Trackback URL
    http://eging.sakanatsuri.net/trackback/1326120
    << 第2回 墨寿会 | main | リベンジ釣行 de 2013初アジ >>